リーマンFX

負けトレードを呼び込むメンタル【5選】
最高のポジション取り『引き付け指値手法』
負けたくないなら、コツコツやるべし
僕がFXに挑む理由と目標

負けトレードを呼び込むメンタル【5選】

f:id:sherlock-gold:20200723225734j:plain

 

トレードルールを決めていてもそれに従わず、勢いでエントリーしてしまうことはありませんか?


そのときって大抵メンタルがブレてますよね。

(そして負ける...)

 

負けてしまうトレーダーの多くは、「負けを取り返してやる」という不安定なブレブレのメンタルでトレードに挑んでしまい、負けを繰り返す悪循環に陥ってると思います。

 

メンタルがブレて「えいやっ」と勢いでエントリーすると、99%の確率で損切りすることになります。(僕は1000回経験しました)

 


逆に言えば、


「メンタルをブラさない」もしくは「メンタルがブレたときはエントリーしない」ことを徹底すれば、意味のない無駄なトレードを減らせるということです。

 

今回は、メンタルがブレる時はどんなときかを挙げて、その状況を把握します。

 

いざそのときになったら、いま自分はメンタルがブレそうだと客観視しましょう。

 

そしてメンタルをブレないようにコントロールする、もしくはエントリーしないようにして乗り切りましょう。

 

さてここからは、どんなときにメンタルがブレやすいか挙げていきます。


僕が何回も体験しているポイントなので、読者の方も共感していただけると思います。

 

 

負けトレードを呼び込むメンタル5選

  • 値が急に動いたとき
  • 損切りしたとき
  • 含み益があったのに逆行して、損切りになったとき
  • 利確後に伸びて利益を取り逃がしたとき
  • 連勝しているとき

この5つが起こったとき、メンタルはブレてテキトーエントリーをしてしまう可能性が高くなります。

 

ですから、この5つが起こったときはメンタルがブレていないか確認し、ブレているならエントリーしないようにしましょう。

 

この5つ以外にも負けを呼び込むメンタルがあったら把握し、負けトレードを減らせるようにしましょう。