リーマンFX

次のエントリーへの恐れをなくす、「世界循環説」

f:id:sherlock-gold:20200723225734j:plain

今回の記事は、以下のような悩みを抱えている方の手助けになればと思って書きました。

 

  • 前回トレードで負けて、次も負けるかもと怖くなっている人
  • 先週マイナスの収支で、今週もマイナスかもと恐れている人
  • 次のエントリーを考えると憂鬱になる人

 

かくいう私も同じような病みを持っていました。

 

今回紹介する思考法を用いて克服し、負けトレの後も前を向いてチャートに向き合うことができています。

 

紹介する思考法はいくぶん概念的で難しい部分もあると思います。

 

ただ抽象概念を理解できるような方々だけが本記事のタイトルを見て閲覧してくださっていると思うので、そこは安心しております。

 

 

 

世界循環説

上記のような僕の悩みを解決したのは、「世界循環説」に気づいたことがきっかけです。

 

世界循環説なんていうと怪しさもほのかにただよってきますが、そんなことはありません笑

 

ちなみに世界循環説は僕が勝手に名付けたもので、もしかしたら他にも名前とかあったりするかもしれません。

 

世界循環説とは

「すべては循環している」

 

例えば、水を想像してください。

 

川の流れが海へと続き、海で雲が発生して山に雨を降らせ、また川となる。

 

なんとなく循環説のイメージを想像できたでしょうか。

 

これが世界循環説の大筋です。

 

もちろんお金も循環しています。

 

Aさんの消費がBさんの利益となり、Bさんも消費をしてCさんの利益となる。Cさんも消費をしてAさんの利益となる。

 

Aさんの消費はAさんの利益になって帰ってくるのです。

 

また帰ってくるときは消費分より利益分のが多くなっています。

それは経済が成長し、お金が回っていく流れの中でお金が増えていくからです。

 

もちろんこれはマクロな経済観をぎゅっと凝縮して3人の縮図に直したものです。

これと同じことがマクロで起きていると仮定しても問題ないでしょう。

 

 

さて、循環を止めるとどうなるでしょう。

Aさんは消費をせずにいると、利益も帰ってこず、Aさんの資産が増えることはありません。

ともすれば流れ自体がなくなるので、経済全体が腐ってしまい、それに伴いAさんの資産はぐっと減ることになるでしょう。

 

ビルゲイツをご存じでしょうか。

 

彼はマイクロソフトを創業して莫大な資産を築いていますが、莫大な寄付もしています。

 

自分の懐にため込むようなことはしないで、お金を世界に流しているのです。

 

恐らく感覚的に理解しているのでしょう。

 

結果的には、ビルゲイツのお金は減り続けることはなく、マイクロソフトも順調に成長し、むしろビルゲイツのお金は増えていることでしょう 。

 

FXにおける世界循環説

FXにおける世界循環説ももちろんお金です。

 

つまり負けは誰かの勝ちになっていて、勝った人は市場にまたお金を流します。

 

次に、先ほど負けた人が誰かから勝てばいいのです。

 

 「負け」は流れの中で当たり前なのです。

 

次、その次、そのまた次で勝てばいい。

 

むしろ勝ち続ける方が危ない。

いつか大きく取り返せないほどの大きな負けとなって帰ってくるからです。

 

またハイレバレッジで勝つのも危ない。

そのうち流れは巡り、ハイレバレッジで負けるからです。

 

負けを認めつつ、コツコツとお金の流れから少しずつ利益をもらう。

 

この思考法が大切なのです。

 

世界は循環している。

自分の負けもいつか勝ちとなって、めぐってきます。

 

世界循環説に気づいたきっかけ

ここからは余談です笑

 

僕が世界循環説に気づいたきっかけは「ジブリ」です。

 

中でも「風の谷のナウシカ」「ゲド戦記

 

この2作品です。

 

風の谷のナウシカでは、人が汚した(核爆弾?)土地を腐海が浄化してきれいな土地にするという流れ。(人は知らずに腐海やそれを守る虫たちを邪魔なものと信じ込んでいますが)

 

 

ゲド戦記では、1回しかない命を精一杯生きて、次の命につないでいくという流れです。(人は強欲になり世界の均衡は崩れてしまいますが)

 

 

世界は循環し、循環していることを忘れると災いがくる。

トレードにも活かせる本質を伝えるなんて、さすがジブリです。 

 

それでは本記事はこの辺で!

 

---おすすめ記事---

 
www.ryman-fx.com

www.ryman-fx.com

www.ryman-fx.com

www.ryman-fx.com