リーマンFX

負けトレードを呼び込むメンタル【5選】
最高のポジション取り『引き付け指値手法』
負けたくないなら、コツコツやるべし
僕がFXに挑む理由と目標

最良のポジションを取れる『引き付け指値手法』

f:id:sherlock-gold:20200712135926j:plain

今回は僕のとっておきの手法、「引き付け指値手法」をお伝えしたいと思います。

 

正直に言うと、記事にするかとても迷いました。

 

多くの失敗から反省をし、幾度となく試行錯誤を繰り返した結果、生み出した手法だからです。

 

この手法を用いたときから勝率は改善し、勝つときの利幅も大きくなって損小利大を実現しました。

 

こんなに言うと、複雑な手法なんじゃないかとか、FX歴が長い人じゃないと使いこなせない手法なんじゃないか、と思われる方がいるかと思いますが、そんなことはないです。

 

ある程度相場慣れをしている人であれば(まったくの初心者じゃなければ)十分使いこなせる手法だと思います。

 

ただもちろん、使いこなすために必要なスキルはあります。

 

そのスキルも解説しますので是非ご覧ください。

 

チャートを用いての解説もしています。

 

 

 

引き付け指値手法

引き付け指値手法とは何なのか。

それをまずはご説明します。

 

簡単に言うとただの指値です。。。

 

ですがきちんと引き付ける、これが重要です。

 

どこに引き付けるのか。

チャートを用いて説明します。

 

ドル円 4H足

f:id:sherlock-gold:20200710175833j:plain

僕は引き付け指値の手法を用いてピンクの矢印でショートすることに成功しました。

 

あるラインに引き付けて引き付けて指値をしたところ、ドンピシャでショートできました。

 

では一体どのラインだったのか。もう少しチャートを広げてみるとわかります。

4H足

f:id:sherlock-gold:20200710180407p:plain

この黄色いラインです。

 

僕は事前にこの黄色いラインに指値を置いて待機していました。

チャートの左の方を見るとこのラインでレジスタンスされてるんですよね。

 

ちなみに日足だとこんな感じです。

日足

f:id:sherlock-gold:20200710181819p:plain

重要ラインであることが分かります。

 

 

ただこれだけが根拠だと若干弱いです。

 

f:id:sherlock-gold:20200710180646p:plain

さらに下降波にフィボナッチリトレースを引いてみると50.0%付近なのが分かります。

 

僕はここで反発するのではと仮説を立てて指値を置きました。

損切りは必ず設定します

 

ロング派の心理を読んでみると、一旦黄色のラインが到達目標になると推測しました。その目標に到達すると売りの勢いが強まるだろうと予想していました。

 

これが引き付け指値の全貌です。

 

 

引き付け指値のやり方

やり方はシンプルです。

  1. 環境認識をして重要ラインを発見する
  2. 重要ラインに指値を置く

 

少し考えなければならないのは1の「環境認識をして重要ラインを発見する」ことです。

 

まず環境認識をする際は、最小でも4H足レベル、できれば日足が好ましいです。

 

環境認識の際に考えるべきことは、

  • 現在は買い派と売り派どちらの勢力が強いのか
  • どのラインまで行けば買い派(売り派)は弱くなるのか
  • どのラインまで行けば買い派(売り派)は強くなるのか

です。

 

この環境認識さえきちんとできれば、シナリオを描けるようになります。

そしてシナリオに沿って指値を置く。

 

これだけです。

 

ここからは必要なスキルをお伝えします。

 

必要なスキル

 

いままでの内容の中で出てきていることなのでザッと紹介するにとどめます。

 

まず、「環境認識」ができること。

 

環境認識ができないことには重要なラインを発見することはできません。

 

日頃から買い派と売り派両方の目線で相場を眺め、現在はどちらの勢力が優勢か、どこまで行けば勢力は変わるのかを考えましょう。

 

もう1つ必要なスキルは「待つ」ことです。

 

これ、簡単なようでめちゃくちゃ難しいです。「待てる人」の反対は「待てない人」すなわち「ポジポジ病」の人です。

 

重要なラインを発見して指値を置いたなら、動かさない。

 

ささらないことを心配して指値を動かしたり成りで入ると良いことはありません。

(何度も体験した経験則です)

 

指値まで届かなくてもいいやくらいの気持ちでいいんです。

そのくらいの気持ちの方が、結果的に最高のポジションを不思議と取れるものです。

 

おわりに

 

みなさんもぜひ「引き付け指値手法」使ってみてください。

 

もちろん合う合わないはあると思います。

 

手法に合う合わないなんてあるはずないだろ、と僕も思っていましたがなぜかあるんですよね。

 

相性ってものが。

 

なので合わなかったら残念ですが放棄してください。

 

合うと感じた人はどんどん使って好みに応じて改良していってください。

 

それでは、一緒に頑張っていきましょう!

 

 

---おすすめ記事---

 

www.ryman-fx.com

 

 

www.ryman-fx.com

 

 

www.ryman-fx.com