リーマンFX

負けトレードを呼び込むメンタル【5選】
最高のポジション取り『引き付け指値手法』
負けたくないなら、コツコツやるべし
僕がFXに挑む理由と目標

ドル円 今日の相場 7/6(月)

f:id:sherlock-gold:20200712161707j:plain



ドル円今日の相場を考察します。

先週はリーマン業が忙しく、久しぶりの投稿となってしまいました。

それでは、考えていきたいと思います。

 

環境認識

日足

f:id:sherlock-gold:20200706205923j:plain

先週のスパイクから強い上昇トレンドとなっています。上目線だと押し安値狙いです。

ただもう少し大きい目線だと話は変わってきます。

日足

f:id:sherlock-gold:20200706210250p:plain

下落の始点からフィボナッチを引いてみると現在の価格は50%のライン、また日足レベルの重要ラインにも触れた後なので、戻り売りポイントとみる下目線の投資家もいるでしょう。

すなわち現在の価格は買いと売りの攻防ゾーンとみなせます。ただ直近の上昇トレンドは強いので、買い目線がやや優勢とみています。

 

シナリオ

4H足 ロング派のシナリオ

f:id:sherlock-gold:20200706211133j:plain

スパイクからの上昇波押し安値候補の38.2%と50%のラインで反発の気配を見せたら買いです。現状38.2%で買い支えられているので、注視していきたいです。ただ、強いサポートラインだからこそ、割れたとき買い手が失望して一気に下がっていく可能性も高いです。

 

1H足 ショート派のシナリオ

f:id:sherlock-gold:20200706211840j:plain

ショート派のシナリオは、赤線まで上値試しに行った後、ダブルトップを作って下落するものです。赤線はかなり強いサポートラインとみております。先週も触れた途端に急落しましたし、みんなが利確やショートをする価格なのだと思われます。点線は直近高値のミニネックラインです。ここで反発する可能性もあります。

また画像には描いていないですが、現在のサポートライン(真ん中の黄色ライン)を割ったときのショートも検討しておきたいところです。

 

 

本日の考察は以上です。

今週も一緒に頑張っていきましょう。