リーマンFX

負けトレードを呼び込むメンタル【5選】
最高のポジション取り『引き付け指値手法』
負けたくないなら、コツコツやるべし
僕がFXに挑む理由と目標

リーマントレーダーの敵、【残業】について

 

f:id:sherlock-gold:20200712161825j:plain

 

本日はリーマントレーダーにとって最大の、そして最も身近な敵である「残業」について書いていきます。
 
僕自身が今現在、残業の存在に辟易しています。
 
残業に嫌気がさしているリーマントレーダーの方々に、共感してもらえたら嬉しいです。
 
また残業への対策、残業を減らす方法について後半で考えています。
 
ぜひ最後までご覧ください。
 
僕が喜びます。
 

残業について思うこと

 
残業は「絶対悪」だと僕は思っています。
 
百害あって一利なし。
 
ですが上司や先輩からは、残業は良いことだと思っている側面がちらちら見えてきます。
 
価値観の差にため息が出てしまいます。
 
この差についてまずは考えていきます。
 
 

なぜジョルノは残業が嫌なのか

 
僕が残業を嫌がる理由は、主に2点あります。
その2点を順番に説明します。
 
生活>仕事
 
1点目です。
 
僕は人生において、仕事よりも生活を重要視しています。
 
特に、家族との生活に重きを置いています。
といっても、僕はまだ20代前半の独身で、家族を築いてはいないです。
 
でもだからこそ、残業が常態化した人間にはなりたくない、なってはいけないと考えています。
 
家族ができた時、
 
仕事>家族 
 
にならないようにです。
 
独身の今のうちから、残業が当たり前のサラリーマンになっていたら、家族ができたその瞬間に残業の習慣を断ち切れるでしょうか。
 
否、できないでしょう。
 
独身の今のうちから、残業をしない人間である必要があるのです。
 
次に2点目です。
 
トレードの時間を確保
 
2点目は「トレードの時間を確保したいから」です。
 
リーマントレーダーである以上、相場を把握したり、エントリーしたりするのは基本的に退社後です。
 
なので残業が長引くほど、トレードにあてられる時間が減っていきます。
 
トレーダーにとってこれ以上の苦痛はないでしょう。
 
トレードにあてる時間を増やすために、残業をしてはならんのです。
 
 
次のセクションでは、残業をいとわない旧態依然とした上司、及び先輩の思考を考えてみます。
 

残業する上司の価値観

 

残業で金を稼げる

 
まず一点、残業で給料を増やそうという向きがあるのだと思います。
 
以前に残業規制が強化された時、喜ぶサラリーマンよりも、残業がなくなって給料が減ることに不満を垂らすサラリーマンが多くて、驚いた記憶があります。
 
「残業で稼ぐ」
 
僕は良くないことだと思います。
 
まず会社にとって良くない。
残業代を余分に払わなくてはならないからです。
 
国にとっても生産性低下の面から良くない。
 
いいことはないです。
 
それに残業代で稼ぐってかっこ悪いです。
 

成長?

 
「成長するためには、仕事に没頭する期間が必要だ」という言説があります。
 
いや、残業するか否かという「時間」によって仕事に没頭しているかどうかを決めるのってどうなんでしょう。
 
質が担保できれば時間という量は関係ありません。
 
残業は無能さの発露なのです。
 
 
また僕がすごいと思うトレーダーの方もこんなことを言っています。
 

 
「働きまくる」って簡単なんですよね。
 
一旦立ち止まって、人生において大切なことは何かをきちんと考える。
 
これをすれば残業の愚かさに気づくはずなのです。
 
 
アドラー心理学ではこうも言われてます。
 
『ワーカーホリックは人生の嘘』
 
 
 
以下では、にっくき残業を減らす方法を考えています。
 
 

残業への対策

 
ではどうするか。
 
2つあります。
 

生産性を上げる

 
簡単に思いつくのは業務を効率化して生産性を上げることですね。
 
だけど当たり前すぎるので詳細は省きます。
 
生産性を上げたところで、余った時間に仕事ぶっこまれたら意味なくなっちゃいますしね。
 

残業しない人認定される

 
おすすめはこれ↑です。
 
「あっ、この人は残業しない人だわ」と周りから思われることです。
 
具体的な方法は
 
  • みんなの見えるところにポストイットに退社時間を書いて貼る 
  • 残業のデメリット(本記事最初のような)を論ずる 
  • 残業必須の仕事を与えられそうになったら「キャパオーバーです」と断る 
  • もし残業した場合はイライラを見せつける 
  • 残業というワードに過剰反応する 
  • 『トップ1%に上り詰めたいなら、20代は残業するな』をデスクに置く
 
山口周氏の本はこちら↓
 
 
 
などなど、考えられる方法を全て試しましょう。
 
残業しない奴と思われるはずです。
 
 
僕は残業しない奴認定されるよう頑張ります。
リーマントレーダーのみなさんも共に頑張りましょう。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。